公益社トップ > 葬儀の流れ >火葬・お骨上げ

火葬・お骨上げ

火葬・お骨上げ

斎場において

斎場は、京都市中央斎場、宇治市立斎場、大津聖苑、志賀聖苑、草津市営火葬場があります。 
 
斎場へ到着致しましたらまず火葬手続きをしますので、死亡届の時の「火葬許可書」は絶対に忘れずに持参しなければなりません。
(忘れると火葬が出来ません。当社係員が予めお預かりし斎場での手続きを代行いたします)

灯前でお寺様の簡単な読経があってから、焼香します。

火葬には、1時間程かかります。

収骨は近親者だけ6〜7人が、 斎場休憩室で時間待ちをして、係員の案内によって致します。

遺骨の帰宅

一般的に斎場から戻った方は家に入るときに清め塩を足で踏んで、けがれを清める風習があります。
(真宗は不要)

ご遺骨は中陰飾りの祭檀に安置し、灯明をつけ、線香をあげて僧侶の読経をいただきます。この回向を灰葬などといいます。
(祭檀は当社がご出棺後予め決めていただいた場所に飾付けをしておきます)

「神式」では玉串を奉奠して帰家祭を行います。

▲TOP

株式会社公益社 〒604-8161 京都市中京区烏丸通六角上る饅頭屋町608番地(烏丸六角上ル東側) TEL(075)221-4000 FAX(075)241-0420
Copyright (C) 2006 Koekisha-Kyoto Co.,Ltd. All Rights Reserved.