公益社トップ > 葬儀の流れ >お逮夜・忌明け

お逮夜・忌明け

お逮夜・忌明け

お逮夜

忌日には故人の供養追福を願って簡素であっても心のこもった法要を営みたいものです。

忌日は死亡日から数えて7日毎に7回と、月忌、百ヶ日ですが法要は、お逮夜として忌日の前夜に行われています。

忌日毎にお寺様に読経をお願いします。日時を打ち合わせて下さい。

中陰とは、一説では人が亡くなって次の生を得る間の期間をいい、中陰は49日間であると言われております。

忌明け(満中陰)

四十九日法要が終わって忌明け(満中陰)となりますが、三十五日で忌明けとする場合もあります。

忌明挨拶状及び香典返しの手配を早めに済ませます。

▲TOP

株式会社公益社 〒604-8161 京都市中京区烏丸通六角上る饅頭屋町608番地(烏丸六角上ル東側) TEL(075)221-4000 FAX(075)241-0420
Copyright (C) 2006 Koekisha-Kyoto Co.,Ltd. All Rights Reserved.