公益社トップ > 会社概要 > 公益社の沿革

公益社の沿革

昭和13年 5月、現在地において株式会社公益社を松井信史朗が設立、営業開始
昭和16年 太平洋戦争の勃発 戦時体制にて、企業合同が始まり6社合併により設立された京都厚礼自動車株式会社に3台の霊柩車を現物出資する
昭和18年 本町営業所、十条営業所開設(企業合同)
昭和19年 召集を受けて続々戦地へ赴く 松井信史朗も入隊する
昭和20年 太平洋戦争終結 復員し、戦争によって疲弊した会社の立て直しに奔走する
昭和25年 集中豪雨の山城地区が大被害を受け、京都府から被災救出の要請を受け出動 困難な作業を遂行し感謝状を頂く
昭和29年 京都葬祭組合の結成を主唱し、大同団結のため尽力
昭和31年 松井信史朗が全国業界団体を設立する発起人代表となり「全日本葬祭業組合連合会(現・全葬連)」を結成
昭和38年 京都厚礼自動車(株)の取締役社長に松井信史朗就任 第1回焼骨供養法要を京都仏教会、京葬協の共催にて実施
昭和39年 洛北営業所(左京区)を開設
昭和40年 永年に亘り葬祭事業貢献の功績により、鈴木善幸厚生大臣より業界初の感謝状を授与される
昭和41年 公益サービスセンターを設立(鳥丸出水) 葬祭仏事に関する相談所を開設
昭和42年 創立30周年を迎える ・北支社営業開始 ・公友クラブ設立
昭和47年 公益サービスセンター法人化、(株)京都相互センター(現・(株)公益サービスセンター)を設立
昭和51年 松井信史朗、全葬連を代表して、世界儀式連盟加入のためパリ本部へ出向
北支社増改築東棟完成
昭和54年 宇治支社、槙島会館(現・向島宇治ブライトホール)を開設
昭和55年 松井信史朗、全葬連会長に就任
昭和57年 本社にコンピュータを導入、事務の効率化をはかる
昭和59年 全葬連葬祭専門士認定講習会が行われ、当社から8名認定
世界儀式連盟パリ大会にて極東顧問に推挙される
昭和60年 北支社(現・北ブライトホール)改築、西館が完成
昭和61年 松井信史朗勳四等湍宝章受賞 ・中支社完成 滋賀支社開設
昭和62年 「宗教サミットを迎えて」講演と天台声明を公益社協賛によりシルクホールにて開設
50周年記念祝賀会を催す
平成2年 松井信史朗が代表取締役会長に、松井昭憲が代表取締役社長に就任
(株)公益サービスセンター社屋新築
平成6年 系列会社として(株)京花苑(現・株式会社京都セレモニー)を設立
平成7年 葬祭式場、各種文化教室の会場として、中央ブライトホール(東山区)を開設
平成8年 滋賀支社を全面改装し、公益社滋賀ブライトホールを開設
平成9年 宇治ブライトホールを改装、駐車場を拡大増設 ・60周年記念行事を行う
平成10年 堀川支社(中京区)を開設
平成11年 北支社を全面改装し、北ブライトホール(北区)を開設
平成12年 北ブライトホールに南館を開設
平成14年 京都市南区に葬祭式場の南ブライトホールを開設
品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証(審査登録)を取得
創立65周年記念行事を行う 会社シンボルマーク設定
平成16年 社長の松井昭憲が全葬連会長に就任する
平成17年 京都市右京区に葬儀式場の西ブライトホールを開設
平成18年 堀川支社(現・北支店)を七本松下長者町へ移転
平成19年 70周年記念行事を行う
平成21年 南ブライトホールにエンバーミングセンターを開設
平成24年 75周年記念行事を行う
京都市山科区に葬儀式場の山科ブライトホールを開設
平成26年 北支社を今出川通堀川西入ルへ移転
滋賀ブライトホールを大津ブライトホールへ名称変更
大津ブライトホールの北向いに葬儀式場の北館を開設
平成27年 松井昭憲が代表取締役会長に、松井雄が代表取締役社長に就任
宇治支社を廃止、南ブライトホールに支社機能を移し南支社とする
平成28年 会長の松井昭憲が国際葬儀連盟(FIAT-IFTA)の第1副会長に就任
北支社、中支社の2支社体制とする
平成29年 宇治ブライトホールを向島宇治ブライトホールへ名称変更

▲TOP

株式会社公益社 〒604-8161 京都市中京区烏丸通六角上る饅頭屋町608番地(烏丸六角上ル東側) TEL(075)221-4000 FAX(075)241-0420
Copyright (C) 2006 Koekisha-Kyoto Co.,Ltd. All Rights Reserved.