答える葬儀社|京都・滋賀で80年。お葬式、家族葬は公益社・ブライトホールへ

第91回|2019年11月26日「終活カフェ」槇島コミュニティセンター(宇治市)

公益社の「終活カフェ」は今回初めての会場となる宇治市の槇島コミュニティセンターにお邪魔いたしました。
ご相談で多いのは「家族葬を考えているんだけど…」「費用はだいたいいくらくらいかかるの…」、この2点です。
また「子供たちに迷惑かけたくない」とお話される方も多いですね。
私たちはエンディングノートを書かれることをおすすめしています。ノートには自分のこと、家族のこと、お金のことなどさまざま記入項目があります。記入されていると、ご自身が終活に当たって今何をしなければいけないかも見えてきます。ご家族にご自身の希望を残すこともできます。これを最初に考えられた方は本当に素晴らしいと思います。
「相談はまだ必要ないけど…」とお考えの方はいらっしゃいませんか?カフェではエンディングノートを配付しています。
エンディングノートは“終活”のスタートにぴったりのスグレモノです。「エンディングノートをもらいに来た」だけでも全く問題ありません。ぜひお店に顔を出してください。お待ちしています。


  • お電話でのお問い合わせ

  • 無料相談・見積を承ります

  • 詳しい資料をお送りします